2016-10-29_121310
今までは実店舗にて
利用者にインターネットカジノに
アクセスをさせると言った
ネットカフェ形式の業者は
違法であるものの、
利用者が直接
インターネットカジノに
アクセスする場合は
グレーゾーンであると言われてきました。

それはカジノ合法国に
サーバーがあり、カジノライセンスを
取得した会社が運営しているから、
日本の賭博罪を適用するには
胴元と利用者の両方が揃う事が必要だからです。

胴元は海外にあり利用者は日本に居るため、
インターネットカジノを利用してお金を賭けても
逮捕される事は無かったのです。

しかし最近では事情が変わってきました。

それは海外にサーバーがあるはずの
インターネットカジノを利用した者が
平成28年3月10日に京都府警に逮捕されたからです。

この利用者の逮捕によりインターネットカジノ
はサーバーが海外にあるから大丈夫とは言えなくなりました。

このケースでは利用者が1千万円ほどと高額な資金を使っていました。

少額な資金ではまだ逮捕者は出ていませんが今後は分からないです。

平成28年2月15日には千葉県警によりインターネットカジノに
入金するための決済サービスを提供していた者が逮捕されました。

これにより実際にお金を賭けていなくても、決済サービスを提供すると逮捕される可能性が高くなっています。



議論が行われています

2016-10-29_121341
昨今その違法性に
ついての議論が行われています。
オンラインカジノとは
その名の通りオンライン、
すなわちインターネット
上で楽しむことができる
無店舗型のカジノで、
ネット環境さえあれば好きな
時間に好きな場所でカジノを
楽しむことができるというものです。

日本では賭博罪というものがありますので
公営ギャンブル以外のギャンブルは原則処罰されてしまいますが、
このオンラインカジノは海外にサーバーを置いているため、
サーバーのある国で合法ならば問題なく利用できるのでは
ないかと少し前まではいわれていました。

しかし日本国内でオンラインカジノの
利用による逮捕者が出てからはその解釈が
間違っているのではないかという話が浮上したのです。

現在言われているのは、日本語に対応していていたり
日本語のチャットが可能だったりと日本向けのサービスを
展開しているようなオンラインカジノは違法とみなされるのではないかということです。

しかしながらまだ実例が少ないこともあり
、確信を得ることはできていません。

オンラインカジノがすべからく違法というわけではないかもしれませんが、
利用を検討する際には軽率に行わず、常に最新の情報を手に入れておくことが大切です。